生きている

職人見習い、考古学者。社会の中で僕は生きている。

昼食

失われた「行きつけ」と、この街のイタリアン

工房へと毎日通う職人に取って、昼食の時間は重要だ。同僚の職人たちの中には、安く冷めた弁当を口に運びながら昼休みの間も手を動かす者も少なくないにせよ、僕に取っては優先順位がきわめて高い。 少し前まではエンジェルフェイクという洋食店が工房の近く…