読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きている

職人見習い、考古学者。社会の中で僕は生きている。

伝播する呪詛

半年前の話になる。僕がかつて所属していた職人たちの課で、先輩の職人二人と訪問して仕組みの手入れをしていた、東京のはずれの家具屋があった。

所属の課が変わった今はその家具屋は僕の担当であり、先輩たちが残した功績と、負債を一身に背負っているというわけだが、その頃に組んでいた職人の一人は、名古屋へ転勤となった。そして今、僕が考古学者兼職人として、彼はその試験を行う担当として体制を共にしている。例によって頭文字から【ユル】と呼ぶ。


【ユル】はおそらく僕よりも15くらいは歳上だが、職人歴は浅い。元は教鞭を振るっていたが、そこから一般の組合に所属し、仕組みを使う側として過ごした。ある時職人へと転向した。というか、よく聞けばそれ以前から独力で職人じみた仕事はしていたようだった。それゆえ優れた手業を身につけていて、かつ人に教えるのが上手い、この工房では稀な人材だった。

かく言う僕も、家具屋の複雑怪奇な仕組みを彼が解析して教え込まれた。かなり優しく教えてもらい、個人的には糧になったと思っている。

その彼が、今僕に牙を剥いて立ちはだかっている。他でもない、【フェオ】の一件でだ。


彼は僕に、「コーデックスの開発者が仕様を明らかにせねば私は動けない」「試験担当が仕様を決めねば始まらないのか」と声を荒げた。名古屋と転属した【ユル】は、もはや【フェオ】と同じ工房の職人である。僕は正しい動きも推察するしかない中で考古学を交えた補修を行なっている職人だが、決してコーデックスを起こした著者ではないし、まして正しい動きを他人に教えるほど読み込んで伝える仕事を任されたわけではない。

というか、ここからが肝だが、この仕事は名古屋の工房の仕事である。僕はその手助けを行う立場であり、決してコーデックス全体の責任を負う立場ではない。あくまで【フェオ】が元凶にもかかわらず、その責任を僕に挿げ替えようとする動きと見て取れるのだ。


これにははっきり言うと狼狽している。彼はまだ工房が同じであったとき、担当していた家具屋もまた同じように、他人の雑な作りの仕組みの尻拭いをし続けていたのだ。担当となった悪しき仕組みに足を取られて身動きが取れない状態では発言力も当然ながら低く、地方へと左遷された上で今また責任転嫁による害を被りかけている状況なのだろうと僕は認識している。

なぜなら、ここで僕がこの呪われたコーデックスの「作者」を騙ったとすると、当然ながら仕組みが動き出した後の支援や保全は僕の仕事となるだろうが、そうでなければ【フェオ】を封じられたあちらの工房では手練れの職人は【ユル】しか居ないからだ。


責任の擦りつけ合い、という図式が判るだろうか。本来であれば【ユル】も僕もまた、罰を受けるべき職人ではないというのに、惨いことに彼はやる気だ。それならばこちらにも考えがある、とはなかなかどうして思えないと、この所属する課の長に相談することになった。

彼曰く、「でもあいつ、去年お前が貰うはずの家具屋の成果、全部横からパクってたぞ」


は???